VISAで貯めたポイントをEdyに変換するときのやり方

VISAで貯めたポイントをEdyに変換するときのやり方

※いつも忘れてしまうので備忘録として残します。

 

まずは作業の流れとして

1 三井住友VISAカードの管理画面からマイルに変換する(10マイルコース)
2 三井住友VISAカードの管理画面からワールドポイントもEdyに移行する
3 ANAマイレージクラブの管理画面からマイルをEdyに変換する
4 約1週間後にコンビニの店頭端末で「Edyギフト」として受け取る。
・サークルKサンクス「カルワザステーション」
・ファミリーマート「Famiポート」

 

注意として
・期間は60日中に
・カード裏のEdy番号を記録しておく

 

 

ポイントをまずマイルに交換する

【作業順 】
左サイドのポイントをチェック⇒ ポイントを使う⇒ マイレージ移行サービスをクリック⇒ ANA VISAカード会員の方⇒ 10マイルコース選択⇒ 
・通常ポイント
10マイルコース 
1ポイント10マイル 手数料6300円 

 

5マイルコース
1ポイント5マイル 手数料無料

 

・交換単位
1ポイント

 

・マイレージを他のポイントに変更できり期間
毎年4月16日〜3月31日の間

 

・交換手数料
10マイルコースのみ6300円

 

・ワールドプレゼント1ポイント=3マイルと交換できるようになりました。

 

 

ANAマイレージクラブからにEdyに交換
・ANAマイレージトップ左メニューの「ANAマイレージクラブ会員専用機能」から「パートナー特典 Edy含む」を選ぶ
・ポイント交換されたEdyはEdyギフトでの受け取りが必ず必要となる。
・Edyギフトでの受け取りは受取開始日から60日間可能。

 

・受け取り期間中にEdyギフトで受け取りされない場合、Edyギフトは無効となる
・無効となるとポイント交換されたEdyはご利用できない。

 

・Edy番号を誤って入力されるとEdyギフトでの受け取りができない。
・Edy番号のご入力の際はご注意すること。
あらかじめEdy番号をご用意すること。

 

毎年4月16日〜3月31日の間
20,000マイルまでは10,000マイルにつき10,000円のレートだが、30,000マイルからは5000円になる。
ちょっと損ですね。

 

そして一度に交換できる単位は10,000マイルごと。
20,000マイル交換しようと思ったら手続き作業を2回繰り返す必要がある。