HSBC 香港上海銀行 口座解約の旅

香港での最終日 4日目

■2012年12月4日
香港での最終日である。
最終日といってもどこにも行かずに空港へ行って飛行機に乗るだけである。

 

朝は7時のモーニングコールで目が覚めました。

 

8時45分までロビーのおりてチェックアウトをしておかないと行けないので
コーンフレークとパンで簡単な朝食を摂り早々にロビーに向かう。

 

添乗員が9時10分に迎えに来てバスに乗って香港空港に向かいました。

 

空港に10時過ぎに到着
帰国の飛行機は香港航空のHX618便、11時35分発

 

持っていた香港ドルを円にチェンジしてもまだ49香港ドル残ったので、
免税店でお菓子を買ってがまだ数香港ドル残る。

 

仕方がないのでこれはおみやげにしてもって帰ることにしました。

 

この記事は帰国の飛行機の中で書いています。

 

さすがに外はいい天気です。

 

では後ほど

 


空港へ向かうタクシーの中から

 

約16時30分ごろにに無事成田空港に到着

 


 

羽田発富山行きが20時だったので、平日のラッシュも考えて
スピーディーに行動を心がける。

 

 

すぐにリムジンバスの切符をクレジットで購入して17時05分発に乗車

 

途中デェズニーシーや東京スカイツリーのライトアップを
車中から見ながら18時過ぎに羽田に到着

 

思ってよりも早めについて良かったー

 

時間があったのでおみやげを少し購入して早々に搭乗ゲートに向かう。

 

 

というわけで無事21時過ぎに富山空港に到着

 

今回の目的はほぼ100%完了した感じで安堵感でいっぱいでした。
行く前はどうなることやらと心配でなりませんでしたがね。

 

後日の経過ですが香港での手続きから3日めの12月6日に
メールでファンドの決済した結果が届きました。

 

そして7日後の12月10日に私の地元の銀行の口座に
すべての金額が振り込まれて来ました。

 

かかった手数料は香港HSBCから日本の銀行に電信で送金する際に約2000円
日本の銀行で1500円くらいかかったみたいです。

 

ここで注意なんですが、実は12月14日になっても地元の銀行に振り込まれてこなかったので、問い合わせしてみると「何度もご連絡したんですが・・」と言われてしまいました。

 

本当は10日に着金していたのです。

 

ただ本人に電話で確認してからの振り込みになるようです。
そのことを知りませんでした。

 

みなさん、日本の銀行には携帯の電話番号も伝えておきましょう!

 

ということで全くの素人がサポートも受けずに
香港HSBCの口座凍結解除と口座解約に挑戦して無事完了しました。

 

 

おそらく私と同じ境遇の方は多いと思います。
現在では口座の資金移動が2年ではなくて、8ヶ月でロックがかかってしまうとも聞きました。

 

そうなってしまうと、よっぽと英語が堪能でなければ大変な労力を使います。
それならいっそ香港まで足を運んだほうが早くて簡単に解決すると思います。

 

ちょっと旅行代金はかかりますがそこは小旅行と割りきってください。

 

この記事が同じ悩みで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

いよいよ日本へ帰国 4関連ページ

いよいよ香港への旅
2012年12月1日から4日までHSBC香港上海銀行の口座解約のたびに行って来ました。
香港で乗り物観光 2
2012年12月1日から4日までHSBC香港上海銀行の口座解約のたびに行って来ました。
口座解約の日
2012年12月1日から4日までHSBC香港上海銀行の口座解約のたびに行って来ました。
口座解約のやり方
2012年12月1日から4日までHSBC香港上海銀行の口座解約のたびに行って来ました。
自作「指差し会話帳」
2012年12月1日から4日までHSBC香港上海銀行の口座解約のたびに行って来ました。